電子材料の販売、ICパッケージの試作・解析・評価

シーマ電子について

社会・環境分野の取り組み 
Environmental Policy

行動規範(企業の社会的責任)

当社は、取締役及び社員が順守すべき法令、倫理等に関する行動規範を定め、トップマネジメントからのメッセージや社内研修により、繰り返し周知し徹底して参ります。

  1. 適用範囲

    • この行動規範はシーマ電子株式会社及び関連会社の全ての取締役、社員に適用する。
  2. 基本原則

    • 事業活動を行う各国の法令、規則を順守し、誠実且つ倫理的に事業活動を行うことを基本方針とする。
    • 全ての取締役及び社員は、法令、規則及び方針を順守し、履行していくことが責任と理解し、事業活動を行います。
    • 取締役及び社員がこの規範に反した場合には、法令あるいは社内規程により厳正に措置される。
  3. 利害関係者との関係

    • 当社と関係する全てのお取引先様、関係者とともに持続可能な社会を創るために本行動規範を公開し、協力を求めて参ります。
  4. 社会との関係

    • 発生した危機に対し、誠実な対応を行い、ネガティブ情報についても適時適切に情報開示を行います。
    • 反社会勢力とは一切の関係を持たず、決して反社会的な取引を行いません。
  5. 人権の尊重

    • 人権に関する国際規範を尊重し、人権を妨害もしくは阻害する行動に関与致しません。
    • 社員の採用、処遇及び商取引などあらゆる活動において、一人ひとりの人格と個性を尊重し性別、年齢、思想、信条、宗教、社会的身分、門地、疾病、障がいなどによる差別や個人の尊厳を傷つける行為を行いません。
  6. 雇用機会の均等

    • 雇用の機会均等を行うため、互いの人権が尊重され、個人の能力が細田源発揮できる職場づくりを進めていきます。
    • 求人、雇用、研修、昇進などあるゆる局面において、応募者や社員を人種、宗教、出身国、年齢、性別、障がいの有無等、業務上の正当な利益と関係のない要素により差別をしません。
  7. 強制労働、児童労働の禁止

    • 企業の社会的責任に留意した雇用を推進します。社員の雇用にあたっては、各国の法令に準拠して実施し、児童に対する労働や、社員の意に反した不当な労働はさせません。
    • 企業の社会的責任に留意し、児童労働、強制労働を行なっている企業との取引は行いません。
    • 各国の法令や労働習慣を踏まえ、社員の基本的な権利を尊重し、問題発生時には対話プロセスを通じてお互いをよりよく理解し、共同で問題解決に努めます。
  8. 職場環境

    • 雇用、人事、勤務、賃金などの労働条件に関し、関係する労働法令を順守します。
    • 社員一人ひとりの人権を尊重し、個人情報及びプライバシーの保護に関し細心の注意を払って厳正に管理します。
    • 安全と健康を守ることは全てのことから最優先すると考え、職場の安全確保に努めます。
    • 心身の健康増進に努めます。
    • 社員一人ひとりが、働きがい、やりがいをもって働くことができる職場づくりに努めます。
    • 多様な働き方の実現により、仕事とプライベートの両立を支援します。
    • 妊娠や出産、育児、家族の介護に関してもこれらに専念できるよう職場の環境づくりに努めます。
  9. 行動規範順守の仕組み

    • 経営トップは、自ら率先して本行動規範に則って企業倫理と法令順守を軸とした事業運営がなされるよう努めます。
    • 常に社員に対して業務遂行上必要とされる関係法令、社内規則に関する知識の付与に努め、教育を実施します。
    • どのような状況にあっても法令を順守し、本行動規範に則り公正に行動します。
    • 取締役または社員が関係法令などに違反する行為をした場合は、社内規則の懲戒条項に照らし、厳正な処分を行います。
    • 社員などが業務に関連した違法、不正または不適切な行為に関する通報をできる制度を整え、通報があった場合には事関係を調査のうえ、必要に応じて是正処置を行います。法令順守を徹底し、高い倫理性をもった事業活動を行います。
    • 通報が悪意や錯誤によるものである場合を除き、通報したことを理由にする不利益な扱いをしません。
  10. 製品、サービスの安全

    • 当社の製品及びサービスを利用される取引先様の安全は、当社にとって最重要事項の一つです。
    • 設計・試作・評価、製造、販売、アフターケア等の事業場のどの段階においても、製品とサービスの安全性を保つため法令に 定める基準を満たし、またそれを上回るための手段を継続的に追及し、実践します、
    • 万一、当社の製品やサービスに関して事故や安全に関する問題が報告された場合、速やかに事実調査を実施し、適切な処置を講じます。
  11. 環境保全

    • 当社が提供する製品及びサービス、または事業活動が、環境に与える負荷の軽減を耐えず追及して参ります。
  12. 機密情報

    • 情報管理は、情報セキュリティー基本方針に従って情報資産を保護します。
    • 機密情報を社内ルールに従い適切に管理します。
    • 自社だけではなく他社の機密情報について、その権利と価値を十分に尊重します。
    • 他社から開示を受けた機密情報及び自社の機密情報の漏洩防止に努め、契約違反や法令違反とならないように本行動規範や関連規則を順守して管理します。
    • 自社の機密情報を開示する場合、秘密保持契約の締結等、必要な手続を経るなど機密保全措置を講じてから開示します。
    • 個人情報の保護の重要性を認識し、取扱いに関する自社における個人情報保護ルールに沿って適切に管理します。
    • 電子ファイルなどの記録や情報を整理し、保管し、処理の終了した文書や電子ファイルを適切に保存します。
  13. 贈答、接待

    • 当社の取締役及び社員は、その家族も含め、取引先様に対して金銭等の贈物を要求しません。
    • お取引先様を接待する場合は、社会通念上妥当な範囲内で接待を行います。
  14. 個人的利益相反、インサイダー取引

    • 重要な未公開情報を知りながら株式や証券の取引を行うことは、多くの国で違法とされ、民事及び刑事制裁の対象とされています。
    • 重要な未公開情報とは、合理的な投資家の株式、証券取引の判断に影響を与えうるあらゆる未公開情報を指します。
    • 当社取締役及び社員は、当社との利益相反を生じるあるいは生じる恐れのあるあらゆる取引をしません。

環境方針について

基本理念

シーマ電子株式会社は、商社活動や設計・試作・解析・評価・製造などの事業活動の中で、地球温暖化やオゾン層の破壊、大気、水質汚染、資源の枯渇など、人類が直面している地球環境問題を重要課題と認識し、一粒万倍の心をもって、環境保全活動に社員一人一人が真剣に取り組んでいきます。

行動指針
  1. 環境関連法規制等の順守
    関連する環境に関する法規制および当社が同意したその他要求事項を順守する。
  2. 環境管理の確立
    環境目的および目標の設定とその定期的な見直しを通じて環境管理活動を推進するとともに、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  3. 汚染の予防
    自然環境汚染の予防に努める。
  4. 省エネルギー・省資源の実践
    省エネルギー・省資源活動を実践する。
  5. 環境負荷の低減
    製品含有化学物質において環境負荷の少ない製品の購入に努める。
  6. 関係協力会社との協働
    関係協力会社とのコミュニケーションにより、環境の保全と改善に関する理解と協力を求める。
  7. 環境方針の周知・徹底
    この環境方針を全ての当社業務従事者に周知徹底するために、教育活動を徹底するとともに、広く一般に開示する。

情報セキュリティ基本方針

基本理念

シーマ電子株式会社は、事業活動を正常且つ円滑に行う上で、情報セキュリティの確保を重要問題と捉え当社の情報資産を保護する指針として、情報セキュリティ基本方針を定め、以下の通り実施します。

  1. 情報セキュリティの保護
    情報セキュリティに関する機密性、完全性、可用性を保護するために、組織的、技術的に適切な措置を講ずる。
  2. 法令順守
    情報セキュリティに関する法令、規則等を順守する。
  3. 教育・研修の実施
    役員及び従業員が情報資産の重要性を十分に認識するように、必要な教育、研修を実施する。
  4. 継続的な改善
    本基本方針及び情報管理に関連する諸規定、標準等、管理体制の評価と見直しを定期的に行い、情報セキュリティの継続的な改善を図る。

Contactお問い合わせ

弊社のサービスに関するご相談やご意見など、何でもお問い合わせください。

お問い合わせはこちら