シーマ電子株式会社|SDGsへの取り組み

検索
search

sdgs

SDGs

SDGsへの取り組みについて

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

私たちシーマ電子の使命は、人々の豊かな暮らしと地球環境を守る省エネ社会の実現に貢献することであり、持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも寄与するものであると考えています。

  • すべての人に健康と福祉を
    あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
    • シーマ電子の経営理念である「顧客第一主義」「社会への貢献」「社員の幸せの実現」を叶えるためには、社員1人1人が心身ともに健康であることが必要不可欠であると考え、社員の健康維持と増進のため、積極的かつ永続的に社員への健康投資を行っています。その結果「横浜健康経営クラスA」、「やまなし健康経営優良企業」に認定されました。
  • 質の高い教育をみんなに
    すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
    • 地元の中学校の職場体験受け入れや高校インターンシップの受け入れなど、教育の場を提供しています。
    • 専門家による勉強会や技術指導及び外部研修を通じ、社員の技術レベルと知識の向上を図っています。
  • ジェンダー平等を実現しよう
    ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る
    • 女性が働きやすい環境を作るため、ワーク・ライフ・バランスが実現可能な職場づくりを目指し、多能工を推進したフォロー体制の構築や計画的な有給休暇取得を推進するほか、定時退社日を設けるなどの取り組みを行っています。
    • 採用においては、女性エンジニアの採用に注力し、また女性管理職の配属をもって2030年までに従業員の女性比率40%を目指します。
    • 女性の活躍を推進するため、 女子ラグビーチーム「YOKOHAMA TKM」のオフィシャルクラブパートナーとなっています。
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
    すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
    • パワーデバイスの導入による電力変換効率の改善は約40%といわれています。深刻化する地球温暖化などの環境問題に対し、私たちはパワーデバイスの開発サポートを通じて、省エネや省電力に貢献しています。
    • CO2削減に寄与するため、既に社用車は電気自動車やハイブリッド車を利用しています。また、2028年までには社用車全てに充電式電気自動車を導入する計画です。
  • 住み続けられるまちづくりを
    都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする
    • 地元出身者を採用し、地域の雇用と産業の活性化に貢献しています。
  • つくる責任 つかう責任
    持続可能な消費と生産のパターンを確保する
    • 装置や設備類の導入に際しては、環境影響評価(環境アセスメント)を実施し、環境保全に努めるとともに、材料についてもSDSやRoHS、REACH規制物質不含有保証書等を確認することで環境負荷の小さなものを調達する取り組みを行っています。