電子材料の販売、ICパッケージの試作・解析・評価

カスタム装置

リールtoリール湿式加工装置

材料のインプットから製品のアウトプットまで、材料や製品をリールに巻いた状態で工程流動する事が可能

リールtoリール方式では、材料のインプットから製品のアウトプットまで、材料や製品をリールに巻いた状態で工程流動する事が可能です。

今後更に強まるファインパターン化ニーズ、小型化・高性能化の要求による多層化製品開発、製品の幅広化なども視野にいれ、設備開発を進めております。

特長

  • 最大のメリットは、一定の速度にて数百m単位の製品を流動する事により、同一条件での連続加工が可能となる為、歩留まりなど製品品質向上への貢献となります。
  • リールtoリール方式では連続して製品を流動させる為、無駄な搬送冶具のエリア等が不要となります。
    有効パターンエリアを大きく確保する事ができ、材料の有効活用に繋がる事より、特にコスト面では有利になります。

設備実績例

  • デスミア装置
  • 洗浄装置
  • DPS装置
  • 溶解銅めっき装置
  • 不溶解銅めっき装置
  • 無電解銅めっき装置
  • 前処理化研装置
  • フォトレジストコーティング装置
  • 現像装置
  • 裏止め装置
  • エッチング装置
  • 剥離装置
  • 無電解スズめっき装置
  • 電解Ni・Auめっき装置  など

Contactお問い合わせ

弊社のサービスに関するご相談やご意見など、何でもお問い合わせください。

お問い合わせはこちら