シーマ電子株式会社

search

高熱伝導 絶縁接着剤TCA

#高放熱 #熱対策樹脂 #熱硬化絶縁ペースト #保護コート樹脂

高熱伝導 絶縁接着剤TCA

当社では、高熱伝導絶縁接着剤TCAを取り扱っております。ヒートシンク等の熱対策放熱部品の貼付に最適な高い熱伝導率(3.3W/m・K)を有する接着剤となります。TCA4105(溶剤タイプ)、TCA(無溶剤タイプ)は、アルミナフィラーを高充填した高熱伝導ペーストタイプの絶縁接着剤となり、スクリーン印刷で塗布することにより、30〜50μm印刷厚で強度を確保できるため、通常の熱伝導シートと比較して薄膜化することでより放熱部品への熱伝導性が高まります。また、金属材料との密着性、印刷加工性にも優れている事により、電子部品用絶縁保護コーティング樹脂にご使用できます。

outline

高熱伝導 絶縁接着剤TCAの詳細

発熱部品とヒートシンクとの接着など放熱対策に最適

データ
特性表
品番 TCA-4105(溶剤タイプ) TCA-4210(無溶剤タイプ)
乾燥条件 80℃ 20min
硬化条件 140℃ 30min 120℃ 30min
熱膨張係数 28ppm 30ppm
絶縁抵抗 >10^13 Ω >10^13 Ω
熱伝導率 3.3 W/m・K 2.3W/m・K
密着強度
品番 TCA-4105(溶剤タイプ) TCA-4210(無溶剤タイプ)
アルミ 25N/cm 35N/cm
10N/cm 15N/cm
標記数値は代表値であり、保証値ではありません
特徴
  • 一液型
  • 溶剤タイプと無溶剤タイプの2種
  • アルミニウムなどの金属材や無機、有機部材との高い接着性
  • 塗布:スクリーン印刷により任意の形状、箇所への塗布が可能
  • シートタイプの放熱材料に比べて接着剤層を薄くする事が可能
用途
  • 半導体モジュール、パッケージのヒートシンクへの接着固定
  • LED実装
  • 抵抗器など電子部品の絶縁保護コート樹脂
納品までの流れ

service flow_納品までの流れ

半導体のプロフェショナルにお気軽にご相談をお寄せください。

  • flow01

    01_お問い合わせ

  • flow02

    02_担当者コンタクト

  • flow03

    03_お打ち合わせ

  • flow04

    04_仕様決定

  • flow05

    05_お見積り提出

  • flow06

    06_ご発注

  • flow07

    07_作業実施

  • flow08

    08_納品